東京都北区 神谷病院 《 公式サイト 》/検査・薬剤・栄養・看護─エックス線検査

検査・薬剤・栄養・看護

検査・薬剤・栄養・看護

TOP > 検査・薬剤・栄養・看護 > エックス線検査
エックス線検査

エックス線検査について

症状や疾患などに合わせて装置や検査方法を使い分けて、病気の発見、治療の計画、経過の観察を行います。健康診断や人間ドックでもエックス線機器を使用し、病気の早期発見や、健康状態を把握しての病気の予防につなげます。当院では下記の装置を備えています。

一般撮影装置

一般撮影装置

一般撮影とはレントゲン検査とも呼ばれ、胸部、腹部、骨などあらゆる部位を撮影する検査です。

16列マルチスライスCTスキャナー

16列マルチスライスCTスキャナー

頭部や胸部などのほかに、大腸CT検査が可能です。大腸CTは、内視鏡を使用しない大腸検査です。撮影後に画像処理を行い、実際の内視鏡で覗いているかのように画像を再構成します。

骨密度測定装置

骨密度測定装置

骨の中にあるカルシウムなどのミネラル成分が、どのくらいあるかを計測するものです。骨粗しょう症の早期発見や、治療効果の判定に有効な装置です。

エックス線テレビ装置

X線テレビ装置

エックス線テレビ装置は、胃エックス線検査、大腸エックス線検査、エックス線透視を使った検査を行います。

移動型X線撮影装置

入院されている患者様の中で一般撮影室まで来ることのできない方の撮影に使用します。この装置を病室まで移動させ、ベッド上でエックス線撮影を行います。手術中や救急処置中などもこの装置を使用して撮影することがあります。

PACS(医用画像保管管理システム)

従来のフィルムでの画像の読影をデジタル化し、モニター診断を可能にするためのシステムです。モニター上で過去画像の比較ができ、撮影から読影までの時間の短縮にも貢献しています。

医療法人財団 田島厚生会
神谷病院
〒115-0043 東京都北区神谷1-27-14
TEL.03-3914-5535 FAX.03-3914-5540
Copyright © TAJIMAKOUSEIKAI, All Rights Reserved.